2006/11/05

京都府庁旧本館 秋の一般公開

0611041 「京都府庁旧本館 秋の一般公開」(11月1~5日)に行ってきた。京都府庁のすぐ近くの京都御所も「秋季一般公開」を開催中で、烏丸通りや地下鉄丸太町駅周辺は人と車が混雑していた。

京都府庁旧本館は、現役の都道府県庁0611042舎としては最も古いもので、重要文化財に指定されている。
設計の中心となったのは東京帝国大学で西洋建築を中心とする建築学を学んだ京都府技師松室重光で、明治37年12月に竣工している。
全体としてはルネッサンス様式に属し、正面の外観は、車寄せ、3連窓と上部の丸窓、彫刻を施したペジメントとコリント式の角柱型、中央の大きなマンサード屋根等の配置により中心性が強調さ0611043れている。屋根は天然スレートをうろこ状に重ねて葺き、大小のドーマー屋根(屋根窓)をアクセントに付けている。外壁の仕上げはモルタル塗りで、要所を花崗岩で飾っている。

現代の薄っぺらな建築と比べて、やはり重厚。しかし反面、細部の彫刻などディテールの意匠は、現代の建築よりも繊細。近代建築には共通することだが、今ほど材料の種類が豊かでない分、建築家のデザイン能力が長けていたんだろうし、技術者・職人の腕も素晴らしかったんだろうなぁと思う。061104okujyou1_1

府庁第2号館屋上緑化「京てらす」にも行ってみた。
見晴らしも良く、北には五山送り火の「妙」「法」の文字も遠望できる。市内の喧騒から離れ、小高い丘にでも登ったかのような感じでさわやかだったのだが、思ったよりも面積が狭く少し残念だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/04

国交省審議会が最終報告

1級建築士資格の今後や建築士受験資格はどう見直されるのか、姉歯事件を端に発した『建築界を揺るがす大騒動』だったが、こんな最終報告がされたらしい。

「特定建築士の前提は一級建築士」と国交省審議会が最終報告(2006/09/01)
国土交通相の諮問機関、社会資本整備審議会建築分科会の基本制度部会は二転三転の議論の末、8月31日の第11回会合で最終報告をまとめた。
最終報告は、構造と設備の新たな専門資格「特定建築士」の創設、建築士試験の受験資格や試験内容の見直しが柱。国交省と職能・業界団体が繰り広げてきた激しい攻防は、一応の決着をみた。

■最終報告の主なポイント

専門資格者制度の創設
・新たな専門資格「特定建築士」は、一級建築士を前提とする
・設計で特定建築士の関与を義務付ける「一定規模以上の建物等」は、今後検討する
・工事監理は、特定建築士の関与を義務付けない
・建築設備士の扱いは現行通りとする

建築士試験の見直し
・受験資格の実務経験は、設計および工事監理の業務に関するものとする。
 具体的な範囲はこれから決める
・受験資格の学歴要件は、必要な科目履修を要件とする。大学だけでなく、
 専門学校や短大、高専などの教育機関も認める
・既卒業生や在学生の受験資格は、経過措置を講じる
・建築士試験で、構造・設備の試験内容を見直す
・二級建築士や木造建築士も、受験資格や試験内容を見直す

現行の建築士のレベルアップ
・定期講習の義務付けは、業に携わる建築士を対象とする
・定期講習義務に違反した場合、監督処分の対象とする
                                 (→KEN-PlatzのWebサイト

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/06/27

ほんまかいな!「1級建築士に新たな試験」

『耐震データ偽造事件を受け、国土交通省は26日、現在の1級建築士に新たな試験を受けさせて合格した人だけを「新1級建築士」と認定するなど大幅な制度見直し案を明らかにした。高専、短大卒は受験資格がなくなり、大卒でも実務修習(インターン)を経なければ免許を取得できない。同省は、見直し案に沿い建築士法を改正する方針。
 この案は、事件の再発防止などを検討している国交相の諮問機関の部会で示された。1級建築士の資格要件を厳しくするため、約30万人いるとされる1級建築士は構造設計などの知識を問う試験に合格すれば、「新1級建築士」として認定する。
 合格しなければ、現在の1級建築士を別名称の資格にするか、2級に降格するかを検討する。
 新卒の受験資格も変更。これまで認められていた高専卒・短大卒の1級建築士受験資格を廃止し、4年制大学での履修を必要とする。資格試験に合格してもインターンを経験しなければ、免許は与えない。さらに、一定期間ごとの講習を義務付ける方向だ。
 また、消費者が建築士を選べるように、処分歴などを記した建築士名簿を開示し、仕事をする際は顔写真入りの免許証を提示する。構造や設備などの専門分野では、専門資格者などの制度を創設。1級建築士が業務の丸投げをすることを禁止する一方で、自らの責任で資格者に必要な業務を発注できるとしている。』
Yahoo!ニュース

以上、昨年の耐震偽装事件を受けての建築士制度の見直し案らしいが、
この記事の「新1級建築士」になれば偽装事件は起こらないのか?
2級建築士より1級建築士の方が、デザインに優れ、安全で機能的な建築が設計できるのか?
4年制大学卒なら耐震偽装をしないのか?

この通りの建築士制度の変更が実施されるとは到底思えないことだが、
こんな付け焼刃的な発想の制度変更よりも、偽装を見過ごしてしまう制度や体質の改善や、倫理観を向上させるような施策が必要なのではないかと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/19

大阪・国立国際美術館

kokusaibijytukan招待券があったので、国立国際美術館の「プーシキン美術館展」に行ってきました。
この国立国際美術館は大阪市立科学館に隣接しており、大阪市営地下鉄四ツ橋線「肥後橋駅」から歩いて約10分ほど。私は京阪電車派ですから淀屋橋駅から歩いて20分弱で到着。
2004年11月に開館した美術館で、設計は「シーザー・ペリ&アソシエーツ・ジャパン」。その総括主任技術者だったのが私の先輩にあたる高原氏。住宅規模の設計、施工しか知らない私からすれば、スゴイ仕事だなぁと驚くばかりです。
この美術館はエントランスのみ地上にあり、美術館本体は全て地下にあるというユニークな設計。2004年度第5回都市環境デザインセミナー記録に、先輩がシーザーペリ&アソシエーツジャパンの設計思想を語っておられます。

中ノ島は中央公会堂や中ノ島図書館など、文化スポットとしても、建築的にも興味ある場所。またたっぷり時間をとって歩いてみたいエリアです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/18

サント・シャペル

日曜日の今日、朝日新聞「奇想遺産」の記事にル・ランシーのノートルダム教会(1923完成・フランス)が取り上げられていた。設計したのは「コンクリートの父」とも呼ばれる建築家オーギュスト・ペレ。教会内部はさまざまな色の光が溢れ、荘厳な雰囲気を作っている。

この記事を見て、フランスはパリのシテ島に建つ小ぶりな教会、サント・シャペル(La Sainte-Chapelle)を思い出した。同じくシテ島にゴシック建築として超有名なノートルダム寺院があるが、私はサント・シャペルの方が好きだ。晴れた日の午後、パリを訪れた人は必ず立ち寄って欲しいと思う。壁という壁に色とりどりのステンドグラスがはめ込まれ、光にあふれている。ほんとうに神様がこの場所に舞い降りてきそうな雰囲気だった。
今は裁判所の庭に位置しており、ちょっと入りににくい感じがするので観光客も少ない。(あくまで私が10年近く前に訪れた時のことです)

あぁ、またヨーロッパに行きたいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/12

高校で講義「耐震偽装事件と責任感」

午後から大阪市内の高校で講師をしてきた。
高校のホームルーム時間を利用した職業別ガイダンス。高校側から我が校に、建築やインテリアについての職業紹介をして欲しいという依頼が来て、たまたま月曜の15時以降に授業のない私が学校広報の女性ともども行くことになった。

その高校に到着し講師控室に入ると、医療、自動車整備、理美容、経理、IT、音楽、芸術関係などなど、いろんな分野の専門学校の方々が既に待機しておられた。ほどなく高校の進路指導室の先生から簡単な御挨拶と、この職業別ガイダンスの意義など説明された後にそれぞれの教室へ移動となる。建築・インテリア関係のガイダンス教室には11、2名の生徒たちが待っていた。
私は内心『授業の一環だろうし、仕方なく出席してる生徒が多いだろーなー。これから約50分間、退屈せずに聞いてくれるかなー』と思いつつガイダンス開始。具体的な話で進める方が高校生には面白いだろうと思い、私の描いた図面やパースを見せたり、また建築現場での体験談・失敗談など織り交ぜ、あっという間に50分は過ぎた感じだった。もちろん建築士という資格の話、ついでに構造計算書の実物を例に見せながら、今、世間を賑わせている耐震偽装事件についても高校生向けにサラッと解説もしておいた。
私は高校卒業後に2年間の浪人経験があり、浪人といってもそれはフリーターと同じ。ただ、今の自分は何のためにフリーターをやってるかをしっかり意識して、1年だけとか2年だけとか期限を決めてやるならそれも一つの道だと思う、とつけ加えたけど、教室に2名も高校の先生が同席されていたので、フリーターの話はマズかったかなぁ?

ガイダンスの後は、同行の広報の女性が我が校の紹介などをサラッと。生徒からの質問時間が少々あり、生徒や先生方と挨拶を済ませて全て終了。

生徒たちが教室を去った後、同席されていた2名の先生方から質問が。
「マンション住まいなんですが、完成してしまうと外から見ても手抜きはわかりませんか?」
「細かなヒビ割れがたくさんあるのですが大丈夫でしょうか?」
「以前、小さなヒビ割れに樹脂を入れて補修していましたが、それは普通のことですか?」
「現場では鉄筋が少ないことに気がつかないものですか?」
 ・・・・・
いろんな質問があったが、見てもいないのにヘタに答えるわけにもいかず、私の答えられる範囲で一般的な内容でお答えさせていただいた。
今マンションに住んでおられる方は、不安で一杯だろう。あれだけTVで”危険だ!”とか”崩壊する!”など言われ続けると自分のところは大丈夫なのか?と心配で仕方ないだろう。

今日のガイダンスでは『建築士も人の命を預かっているんだよ』と高校生に話をした。
建築士資格を更新制にするとか、検査を厳しくするとか、いろんな話が渦巻いているようだが、最後は結局個人個人の「モラルや責任感」の有る無しでしかない。
汚いコト、ヒドいコトをする大人たちを見て育つ子供たち。それでモラルや責任感のある人間が育つハズない。

まずは大人が見本を見せませんか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/08

今年も2級建築士誕生!

我が専門学校の1年制の学科『実務専科』担当の教員が、今日は朝から”建築技術教育普及センター”のHPとにらめっこ。公開されている2級建築士合格者発表と、本校学生の受験番号とを照らして合否を調べていたのだ。

結果、実務専科の合格率は88%だった。
授業への出席率が極端に悪かったり、対策課題の提出状況がかなり悪かった者もいるから、まぁこんなものかなーと思う。”きちんと真面目に勉強した者が合格した”という、そのままの結果ということだ。しかし例年90~95%以上の合格率を誇っていたので、内心は少し残念ではあったのだけど・・・
そして、木曜夜と日曜に実施していた2級建築士対策講習会。名付けて『日曜専科』。こちらは仕事をしながら建築士を取ろうと頑張る人たち、講習への出席率80%以上の者という条件付きで合格率70%だった!仕事との時間的・肉体的な兼ね合い(あるいは家族サービスとの兼ね合いも)が難しかっただろうけど、こちらも結局は”講習に出て勉強時間がしっかり確保できた人が合格できた”という事か。
総じて『しっかり勉強すれば、合格できるわけだ』と思う。

建築技術教育普及センターの発表によると、今年度の2級建築士は実受験者数38,633人に対し、合格者数9,018人で全国の合格率は23.3%。
建築士は「建築教育を受けている、あるいは数年の実務経験がなければ受験すらできない」資格であり、その合格率が23%。「建築計画」「建築法規」「建築構造」「建築施工」という広範囲に及ぶ知識、さらに実技試験「設計・製図」をこなさなければならない。やはり難関資格の1つであることは間違いない。
みんな合格おめでとう!残念だった人は気持ちを切り換え、少し休憩してから次回に向けて対策しよう。

耐震偽装事件で建築士という資格は世間を賑わせ、その影響はあちこちに飛び火して長引く様相だ。建築士に合格した時は誰しも「世の中に貢献できる建築士になるぞ!」「素晴らしい建築を設計するぞ!」「みんなに喜ばれる建築を創るぞ!」などなど、思っていたはず。
今回合格を手にした人たち、いつまでもそんな気持ちを大切に維持して欲しいものだ。

今日は何はともあれ、おめでとうございました!祝杯あげて下さいませ!
そうそう、2級建築士の免許登録を忘れずに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/19

偽造した構造計算書

巷では、「偽造した構造計算書」「建築確認審査に不備」「ニセ耐震:建築士の書類偽造」などなど騒がしいことになっている。ちょっと検索すればあちこちのブログでもこの話題に触れられている。
しかし、構造的に問題のある建物って世の中には既にたくさんあるのだ!今までのニュース報道や何度も特集番組を組まれてる「欠陥住宅」。柱が少ない、壁が少なく耐震的な構造でない、床束が足りず床がたわんでいる、基礎から土台がずれている、柱や壁内部が腐り半分以下の強度になっている、・・・例をあげればいくらでも。
建築士が携わっていながら、数々の欠陥住宅を生み出している。そういう行為に携わっているのは、あくまでごく一部の建築士なのだろうが、人命に関わることである。ただ、今回の場合は、大きな建築物で多勢の人が住む集合住宅数十棟に及ぶ。建築士個人の責任だけではなさそうで、建築確認をした検査機関のズサンさも大きい。
(建築確認とは、建物を建てる前に図面や構造計算書などを提出し、法規を遵守していることを地方公共団体や指定確認検査機関において確認してもらう行為で、確認が下りなければ建築できない。)

世の中の人は「建築士に任せておけば安心」と考えているハズ。その期待を裏切るような行為をしてはいけない。人の命を預かる仕事は、医師やパイロットだけではなく建築士もそうなのだ。今後の報道に興味がつきない。

| | コメント (2) | トラックバック (3)

2005/11/11

円通寺と正伝寺

今週は水曜日に休みが取れた。天気も良かったので、バイクでお気に入りの庭を見にいくことにした。自宅からバイクで10分もあれば行ける寺だが、ここの庭はかなりイイと思う。学生にもよく紹介している寺だ。

entsu-ji円通寺。このお寺は、もとは後水尾天皇の離宮跡。比叡山を借景にした庭は絶品だと思う。手前の生垣までの近景、遠く比叡山を望む遠景、その間にある林が中景となり、幾重にも景色が重なっている。金閣寺や清水寺など超有名な神社仏閣が数々ある京都だけれど、この円通寺は交通も不便な場所にあり、平日は観光客もかなりentsu-ji2少なめ。その分ゆっくり庭を鑑賞できる。但し、日曜祝日などはガイドブック等にも載っているせいか、結構多勢の人がいたりして騒々しく、こんな時にいくと感動が少ないのだ。
以前はこの庭の写真撮影は禁止だった。しかし住職の説明によれば、昨今の土地開発などによって、庭からの景観が壊れてしまう可能性が出てきたらしく、そうなる前にと写真撮影も許可することにされたようだ。後世までこのすばらしい景観が残せれば良いのだが・・・

次に、またバイクで西に向かい約10分。

syouden-ji正伝寺。こちらの方丈庭園は小堀遠州作と言われる枯山水庭園。白砂を敷き詰め、7・5・ 3とツツジを刈り込んだもので、この寺も遠く比叡山を借景として組み込んでいる。
円通寺よりこじんまりとした庭、かなり遠くに比叡山。円通寺より不便な場所なので平日ともなればほとんど観光客はいなかったりする。のんびりゆったり、景観を独り占めできるのがいい。しかし庭に面する縁側の天井は血天井と呼ばれるもので、伏見城落城の際、syouden-ji2 鳥居元忠らが自刃した廊下の板を供養の意味もこめて天井板として用いたもの。霊感の強い人はかなりゾクゾク感じるかも。

外部空間と内部空間、建物と庭との連続性が和風デザインの1つ。景色を含めた外部空間を上手く取り入れて生活を豊かにする。今の建築は高気密高断熱で、外部環境に影響されないようにして、空調など設備を使って快適に過ごす。
もちろん和の生活は四季によって暑かったり寒かったり、大変だ。けど、そのうち何かしっぺ返しが来ないか心配。いや、既にシックハウス症候群もしっぺ返しの一つかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/20

建築設計の種類

入学間もない学生からも、よく質問されるのですが、「建築設計」には大きく3種類あるとされます。それは「意匠設計」「構造設計」「設備設計」。

「意匠設計」は建物の機能を考慮して間取りを決めたり、外観のデザインやインテリアを考えて仕様を決め、図面を作成すること。普通、建築設計というとこれを思い浮かべるのではないでしょうか。
「構造設計」は建物の安全性、つまり地震や台風の影響を受けても倒壊しないということを計算によって確認し、骨組の図面(構造図)を作成すること。
「設備設計」は人が建物の中で生活するために必要な電気、水道、空調、ガスなど建築設備について、配管やどのような性能の機器が必要かを決めて設備図を描くこと。

建築業界には、それぞれの業務に特化した設計事務所があり、それが「構造設計事務所」であり「設備設計事務所」なのです。もちろん大手のゼネコンや設計事務所では、内部に各設計部門を持っています。
設計事務所をやってる友人から、3階建て住宅の構造計算書を作成して欲しいと依頼され、何件かやったことがあります。本来は意匠も設計も設備も全て自分で設計し、図面に仕上げられれば言うこと無しですが、得意不得意はあります。建築設計も結構分業されているのです。
『建築は、芸術から工学まで、幅広い知識や教養を必要とする』などと言われますが、実際にはそんなスーパーマンみたいに何でもこなせる人は非常にまれ。それぞれの得意分野で協力し合って良いモノづくりをしていければいいじゃない、と思います。

学生たちの中には『現場監督になりたいから設計の勉強は必要ないのでは?』とか『構造の方面に就職したいので設備の科目は捨ててもいいでしょ?』なんていう者もいるが、それは単なる好き嫌いの言い訳。建築はさまざまな人が協力し合って出来ていくものだから、お互いの仕事について基本的な知識くらいは持っておかないと、良い仕事はできない。

建築を学ぶ学生諸君は、好き嫌いせずに広く浅く建築について学び、その中から自分に合った分野を伸ばすようにしていって欲しいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)