2006/09/30

しんどい大学も増えてきたようだ

「学生の茶髪とピアス、やめれば現金1万・続ければ懲戒」

 秋田市の学校法人「秋田経済法科大」(小泉健理事長)が10月、同大と、系列の秋田栄養短大に、茶髪とピアスを禁止する規則を設ける。
 従わない場合には「懲戒」もあるが、指導に応じて改めた学生には褒賞金1万円が付いた学長賞を贈る“アメとムチ”を用意。文部科学省学生支援課も「聞いたことがない事例」と言う。

 新たに制定された「学生の頭髪・装身具に関する要綱」では、男女とも、頭髪について「周囲に不快感を与える特異な髪形、染色、脱色は禁止」、装身具も「華美を避け、品位を保ち、ピアスは禁止」と明記した。該当する学生には、新設された教育指導室担当の教官らが指導。どうしても指導を受け入れない学生には、教授会に諮ったうえで注意処分などの「懲戒」もあり得るとする規定も盛り込んだ。
(読売新聞) - 9月29日14時40分更新(Yahoo!ニュース
------------------------------

大学によっては、レベルダウンもついにここまで来たか・・・と驚いた。
これではまるで中学校の校則だ。それに、染めたり戻したりするたびに1万円もらえるのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/04

国交省審議会が最終報告

1級建築士資格の今後や建築士受験資格はどう見直されるのか、姉歯事件を端に発した『建築界を揺るがす大騒動』だったが、こんな最終報告がされたらしい。

「特定建築士の前提は一級建築士」と国交省審議会が最終報告(2006/09/01)
国土交通相の諮問機関、社会資本整備審議会建築分科会の基本制度部会は二転三転の議論の末、8月31日の第11回会合で最終報告をまとめた。
最終報告は、構造と設備の新たな専門資格「特定建築士」の創設、建築士試験の受験資格や試験内容の見直しが柱。国交省と職能・業界団体が繰り広げてきた激しい攻防は、一応の決着をみた。

■最終報告の主なポイント

専門資格者制度の創設
・新たな専門資格「特定建築士」は、一級建築士を前提とする
・設計で特定建築士の関与を義務付ける「一定規模以上の建物等」は、今後検討する
・工事監理は、特定建築士の関与を義務付けない
・建築設備士の扱いは現行通りとする

建築士試験の見直し
・受験資格の実務経験は、設計および工事監理の業務に関するものとする。
 具体的な範囲はこれから決める
・受験資格の学歴要件は、必要な科目履修を要件とする。大学だけでなく、
 専門学校や短大、高専などの教育機関も認める
・既卒業生や在学生の受験資格は、経過措置を講じる
・建築士試験で、構造・設備の試験内容を見直す
・二級建築士や木造建築士も、受験資格や試験内容を見直す

現行の建築士のレベルアップ
・定期講習の義務付けは、業に携わる建築士を対象とする
・定期講習義務に違反した場合、監督処分の対象とする
                                 (→KEN-PlatzのWebサイト

| | コメント (0) | トラックバック (1)