« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007/05/10

高槻の高校へ進路相談会に行ってきた

高槻市の普通高校で行われた、3年生対象の進路相談会に行ってきた。
1つの教室には5、6校程度の専門学校の席が設けられ、複数の教室が使われていたから、おそらく20校以上の専門学校が来ていただろうか。

建築やインテリアへの進路を考えている生徒3名が、私のいる席に座ってくれた。
普通、職業ガイダンス等では、開始前の説明会で”自校の宣伝はしないように”と注意されるのだが、今日の相談会では自校の宣伝もOKだったので、持参の入学案内パンフを使って話をすることができた。
建築やインテリアではどんな仕事があるか、そのためにどんな勉強をするか、資格はどう役に立つか、高校生の間にどんなことに気をつけておけば良いか等を説明し、最後に学校の場所や雰囲気、どんな教職員がいるかの確認のためにも体験入学や学校説明会には必ず来て欲しいと付け加えた。
3人とも大学ではなく、専門学校の建築分野への進学を考えているようで、かなり真剣に話を聞いてくれたし、最後は「入学試験についてくわしく教えて下さい」という質問もでた。
あっと言う間に時間が過ぎ、終了のチャイム・・・。

この相談会はホームルームの時間を使った授業の一環であるため、話を聞いてのレポートを書かねばならなかったようだ。彼らは終了後、すぐその場で鉛筆を走らせ始めていた。
いろんな内容を早口で話してしまったので少し心配になり、
「レポートがあったのか!もうちょっとレポートが書き易いように話をすれば良かったねぇ、大丈夫?」と彼らに話すと
「いえ、ずいぶん良く分かりましたし、楽しい話でした」と言ってくれた。

高校によっては荒れた雰囲気の学校もあるが、この学校は廊下ですれ違う生徒は皆挨拶してくれるし、落ち着いた真面目な雰囲気が感じられた。

年に数回、校務に差支えの無い範囲で高校の職業ガイダンスや進路相談会に出かけている。このように高校生と直接話をする機会は、今の生徒の気質にも触れられるし、彼らの進路の一助にでもなれればと思うと、結構楽しいものだ。
しかし、遠方であったりすると半日から1日を費やすこともあり、後々自分の校務が溜まってしまうのが痛い・・・
けどまた来週、滋賀県の高校に行くよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/07

ゴールデンウィーク明けです

ゴールデンウィーク終了。
1年生は、入学して約1ヶ月が経ち専門学校生活にも慣れてきたところだろう。
例えば製図実習は「線や文字の練習」を終えて次の段階、建築物という3次元の物体を図面という2次元に表現することを体感してもらう内容に入っている。私の担当科目である構造力学は、力のモーメントや力の合成・分解。いずれの科目も、まだ建築の基礎固めの内容だ。
2年生は今、就職活動に動きまくっている。昼休みや講義が終わる時間になると、進路指導室は求人票をめくる学生で賑やかになる。今年は春休み中から多くの求人があり、求人ファイルは日々どんどん厚くなり、冊数が増えていく状態。学生たちも自分にマッチした企業捜しに忙しくなっている。
私自身、企業訪問や入社試験の理由による公欠届に印を押す機会も、この時期にしては数が多いような気がする。
また、卒業生は仕事のペースにも慣れて来た頃だろうか。建築士試験についての質問のため、仕事帰りに学校に立ち寄ってくれる学生もチラホラ。

学校はと言えば、GW中に「私のしごと館」でのロボットイベントに参加したり、「西武庫団地改修プロジェクト」や「うらら亭プロジェクト」の始動、学内コンペ企画など賑やかになってきた。学生たちには、さまざまなモノづくり実習プログラムに積極的に参加してもらいたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »