« 今年度の製図実習も最終回です | トップページ | 宮津の高校へ »

2007/02/08

1年生の設計課題「住宅」のプレゼン

T_pict0113建築学科の1年生、最終設計課題は「住宅」。昨年11月の中頃に課題が発表されていた。
学校からほど近い、川に面した長方形の敷地で、約3m程度の高低差がある。
「マイホーム」の設計だが、現況調査、10年後の自分自身のライフT_pict0182スタイル等を2枚程度にまとめることからスタートし、その後、環境 模型を作成、ヴォリューム検討を何回も行う。つまり、学生1人1人が教員と何度も打合せをし、エス キスを詰め、まとめていく。
スタディ模型も5回は作り直しているだろう。
頭で考え、紙に描いて、模型で確認して・・・教員からの鋭いツッコミに絶え、さらに検討。
これの繰り返し。作品化されると華々しさがあるが、設計作業って、地道にコツコツしたものだ。

そしてついに課題最終回は、各自がプレゼンテーションを行う。
B2サイズの用紙2枚程度を使って作品化したものをみんなの前に掲示し、発表。もちろん教員数名が1番前で聞いている。緊張の中で設計コンセプトがしっかりと伝えられただろう か。

図面や模型写真でプレゼンにまとめるのは当然だが、口でもしっかり伝えられること、T_pict0170
つまり自分の設計を人に伝えることは重要。建築に関わらずデザイナーには必須事項だ。入学後から、課題を通じてどんどん語ってもらうという実践、これは特徴的な設計教育だと思う。2年生になっても、もちろんこれは続きます。より能力を磨こう。

|

« 今年度の製図実習も最終回です | トップページ | 宮津の高校へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113505/13834974

この記事へのトラックバック一覧です: 1年生の設計課題「住宅」のプレゼン:

« 今年度の製図実習も最終回です | トップページ | 宮津の高校へ »