« 1年生の製図実習、矩計図 | トップページ | 解決しました。 »

2006/11/30

RC梁の曲げ試験

Rcbeam材料実験は鉄筋コンクリートのテストピースや梁を造ることから始まる。
数名のグループでコンクリートを練り、型枠に流しいれ・・・
その後約4週間ほど経過した後、それぞれのグループごとに自ら造ったテストピースを破壊する実験を行う。
前回は圧縮試験を、今日は建築学科1年生のあるグループで、RC梁の曲げ試験が行われていた。

鉄筋とコンクリートそれぞれの材料特性、またそれらが合体した鉄筋コンクリート構造の構造的特徴の講義が行われた後に、いよいよ曲げ試験。学生たち数名が、自分たちで造ったRC梁を載荷台の上にセットする。
前回の圧縮試験ではテストピースは圧壊(圧縮応力で破壊)した。
しかし今回の曲げ試験では、せん断力や曲げモーメントという応力により破壊する。

荷重を増加させていく・・・ある時に細かなヒビが入り、その後急にヒビが大きくなる感じだった。大きく斜めに入ったヒビ割れが目立つ。今回はせん断破壊が特徴的に出たようだ。荷重を戻すと、ヒビ割れは少し閉じる。鉄筋が入っている故のRC梁の粘りだ。もしコンクリートだけの無筋であれば粘ることはおろか、もろくも真っ二つに梁は折れているだろう。
荷重を加えるに従って、梁がどの程度変形しているかも同時に測定している。
計測器に表示されたそれら数値をグラフ化したり、ヒビ割れた梁の外観をスケッチしたり。実験後のデータはしっかり整理する。Woodwall
それらの作業によって、材料学や構造力学で出てくるヤング係数という数値の意味も理解できただろうか?

ふと横を見ると、木造の壁が置いてあった。
筋交い入りで金物で補強されているもの、されていないもの。構造用合板が張りつけられているものなど、数種類の木造耐力壁だ。その隣には、さらに3種類の継手もたくさん用意されている・・・
担当の教員に聞くと、建築技能学科の学生達に造ってもらったものらしく、後日、載荷試験を行うらしい。
こんなにきっちり継手が造れるとは、技能学科の学生たちもなかなかやるなぁ。
この実験も楽しみにして おこう。

|

« 1年生の製図実習、矩計図 | トップページ | 解決しました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113505/12856831

この記事へのトラックバック一覧です: RC梁の曲げ試験:

« 1年生の製図実習、矩計図 | トップページ | 解決しました。 »