« 夜間部の建築学生、入賞! | トップページ | CADの体験に思う »

2006/11/20

材料の強度を知る講義

ちょっと時間があったので、1年生の材料実験を見学させてもらった。
4週間ほど前の授業で、学生たちが小グループに別れて水とセメント、砂、砕石を混ぜ合わせてコンクリートを練り、それを直径10cm、高さ20cmの円柱形の型枠に打って、いくつかのテストピ-スを作製していた。
いよいよ今日はそのコンクリートの強度実験だ。

アムスラーという実験機械を使って荷重を加えていくと、ある時突然試験体にヒビが入り破壊する!同時に引張った時の強さ、圧縮した時の強さ、ひずみ等を測定する。
また、調合の異なったコンクリート試験体でも実験を行い、その強度の差を実感したり・・・。
T_concもちろん実験のあとは、コンクリートの性質を数値やグラフにして、構造設計や材料学との関係を知ったりする。

数日後には鉄筋コンクリート梁の曲げ強度実験も行うようで、こちらも楽しみだ。

造ったものをわざわざ壊すなんて、なかなか社会で経験することはない。
学生諸君、よーく目に焼き付けたかな?!

|

« 夜間部の建築学生、入賞! | トップページ | CADの体験に思う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113505/12757692

この記事へのトラックバック一覧です: 材料の強度を知る講義:

« 夜間部の建築学生、入賞! | トップページ | CADの体験に思う »