« 2級建築士100%合格! | トップページ | 夏の宿題、RC造の骨組! »

2006/09/13

前期終了につき

今日で前期終了。となると前期末の試験が始まる。
私の担当科目である建築学科1年生の構造力学は、静定構造物(単純ばり、片持ちばり、静定ラーメン)の反力計算と応力図を描くところまでが試験範囲。
専門学校には、理数系科目の得意な学生もいれば、苦手な学生、さらにリカレント生のように数学というものから数年あるいは十数年も離れてしまっている学生まで多様に存在している。
しかし2級建築士の出題範囲でもある静定構造物の解析に限って言えば、中学初等程度の数学(というか算数+α)知識で十分解ける。極端な話、正確に理解できていなくても解法のパターンさえ身につければOKとも言える。
試験までにどんどん質問に来て下さい。
多くの人が苦手とする科目なので、逆に得意科目にすれば大きな力になりますよ。

設計製図については実習科目なので、課題が提出されていなければ評価のしようもありません。もし未提出の作品があれば、9月末までに間違いなく提出しよう。

|

« 2級建築士100%合格! | トップページ | 夏の宿題、RC造の骨組! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113505/11883778

この記事へのトラックバック一覧です: 前期終了につき:

« 2級建築士100%合格! | トップページ | 夏の宿題、RC造の骨組! »