« タイ旅行(その3) | トップページ | 2006大文字送り火 »

2006/07/26

タイ旅行(その4)

7月26日、今回の旅行最終日。
今日はカンチャナブリ観光に出かける。カンチャナブリーは、第二次世界大戦中に、日本軍が建設した泰緬鉄道の本拠地となった町。映画化された「戦場にかける橋」の舞台としても有名。

6:30にホテルを出発し、ペニンシュラホテルに向かう。ペニンシュラホテルはかなりの高級ホテルらしく、妻は「一度は泊まってみたい憧れのホテルやわぁ」と言う。確かに中は豪華な雰囲気が漂っている。ここで同じくカンチャナブリ観光に行く他のツアー客と合流。今回の旅では初めて他の客との団体行動となるわけだ。とは言っても+4名で我々含め計6名、7:10頃ペニンシュラホテルを出発。

バンコクから西に約130km。バンコクを出ると信号が全く無いので、ほとんど停車することもなく猛スピードで車はひた走る。ミャンマー国境に近く、静かで豊かな自然が残る山間の町、カンチャナブリに9:00過ぎ頃到着。

第二次世界大戦当時の捕虜たちの生活を描いた絵、日本軍や捕虜が使っていた武器類などが展示されている「JEATH戦争博物館」と約7,000名の兵士が眠る「カンチャナブリ連合軍墓地」を訪れた。
01_pict0328 02_pict0332 03_pict0331
05_pict0347_1その後、映画「戦場に架ける橋」で一躍有名になったクウェー川鉄橋を見学。04_pict0335
この鉄橋は歩いて渡ることも出来る。散歩しながら鉄橋を歩いて往復してみると、足元直下に川が見え、なかなかのスリルもあり。


カンチャナブリ駅10:35発の列車に乗る。クウェー川鉄橋を渡り、その後車窓から見える景色はまさに熱帯の密林地帯、そしてサトウキビなどの畑。時折間近に岩壁も迫る。約1時間ほど揺られ、そして見えてくるのが泰緬鉄道建設時に難関の1つであった、アルヒル桟道橋。断崖にへばりつくようにかけられた全長300メートルの高架橋を徐行運転でそろそろ列車が渡る。
06_pict0361 07_pict0366 08_pict0371
09_pict0385 11:50頃、タムカセ駅着。
オープンエアーのレストランでバイキング形式でタイ料理の昼食。
駅周辺を散歩し、たくさん並ぶ露店をブラブラとひやかす。


13:15頃にタムカセ駅を出発し、またまた車はバンコクへ向けひた走る。
カンチャナブリからさらに列車で遠くへ来たものだから、バンコクのホテルに戻ったのは16:30。なんと3時間15分も車で大移動。ちょっと移動距離が長すぎて、旅の感動よりも疲労感が大きい1日だった。最初からパックになった観光だったから仕方ないが、出来ればバンコクをもう1日楽しみたかったな。
19:00から海鮮料理の夕食を食べ、今回のタイ旅行は終了!。

23:59バンコク発のTG622に乗り、7月27日の7:30、無事に関西空港に到着。

今回の旅行では、我が夫婦2名に現地ガイドと運転手+専用車、という贅沢な旅行となった。時間の融通も効いたし、非常にスムーズに行動できた。
最初は暑い時期に暑い国へ行く、ということでどんなもんかな?と心配もあったが、何の事は無い、良い旅行になったと思う。

|

« タイ旅行(その3) | トップページ | 2006大文字送り火 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113505/11461288

この記事へのトラックバック一覧です: タイ旅行(その4):

« タイ旅行(その3) | トップページ | 2006大文字送り火 »