« 技能学科の作品タイトル | トップページ | 建築士関連の資格が増える? »

2006/06/21

今日の製図実習

今日は製図実習。今年、私は建築専門学校で2年生を担当している。
昨年は1年生を担当していた。1年生はほとんどの学生が建築製図の初心者。道具の使い方や線の引き方から始めて、基本的な建築図面の練習をしてきた。
2年生では基本から応用になる。他の講義で建築物の骨組や建築材料を知り、ディテールも学び、仕上げ材料も学び・・・、それらの知識を図面に活かすわけだ。

今、2年生の製図実習では、RC(鉄筋コンクリート)造、事務所ビルの一般図(縮尺1/100)と詳細図集(縮尺1/10)を資料として、矩計図(かなばかりず)や平面詳細図を仕上るという課題。
まずは詳細図の描き方を練習し、理解したら次は、指示された部分の矩計や平面詳細図を、作図時間決めて描く練習。
それは1年生の時から比べれば、かなりの高度な内容だ。質問も多々ありながらも、何とか学生たちは時間内に描き上げていく。
建築を学び始めてたった1年間ほどしか経たないのに、凄いものだなぁと驚く。

たった2年間しかない建築専門学校。1年生で基礎を覚え、2年生で応用へと進む。いくつかの資格も取得しながら、建築というモノづくりの基本的な知識と技術を見につける、学生たちにとっては大変な2年間だ。
自宅課題も多いし大変だけど、『モノづくり』という人の命を預かり、社会的にも影響の大きな仕事に携わっていくのだから、しっかり実力をつけてもらいたい。

|

« 技能学科の作品タイトル | トップページ | 建築士関連の資格が増える? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113505/10624921

この記事へのトラックバック一覧です: 今日の製図実習:

« 技能学科の作品タイトル | トップページ | 建築士関連の資格が増える? »