« 就職活動、成功! | トップページ | 上七軒、夜に散歩 »

2006/05/30

今日の質問は

午後5時前。講義も終わり自分のブースで仕事中に女子学生がやってきた。
彼女は建築学科1年生、構造力学の講義に行っているクラスの学生だ。
「先生、構力の質問があるんですがいいですか?」
もちろんどーぞ。4月中旬から1年生がスタートして約1ヶ月半、つまづきそうになったらスグに質問に来て、不明な点は解消しておこう!
特に構造力学のように積み重ねが大事な科目では、その行動力が重要。

彼女の質問は「力のつりあい」の問題だった。
これまで”建物に加わる力について”、”力のモーメント”、”力の合成と分解”という項目を進んで来た。そして”力のつりあい”へと進む。
実は1年生で学ぶ構造力学(すなわち2級建築士での出題範囲となる静定構造物の力学)では、この「力のつりあい」の概念が理解できるかどうかがポイントとなる。

全ての物体は、じっと静止している。椅子も机もペンも、触らなければ=力が作用しなければ、そのままじっと動かない。この移動も回転もしない状態を”つりあっている”という。当たり前と言えば当たり前のことなのだが、ここを理解できれば静定構造力学は全て理解したといっても過言じゃない。

彼女には数問の問題を例に、解説した。と突然、
「あっ!わかりましたっ!・・・わかれば簡単ですねー。」
と言葉を残して、部屋を出ていった。

わからなくなれば、出来るだけ早く質問に来るようにしましょう。

|

« 就職活動、成功! | トップページ | 上七軒、夜に散歩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113505/10316242

この記事へのトラックバック一覧です: 今日の質問は:

« 就職活動、成功! | トップページ | 上七軒、夜に散歩 »