« 春高バレーで東京見物1 | トップページ | 説明会も入試も、今年度あと1回 »

2006/03/24

春高バレーで東京見物2

omotesando
翌日は表参道をカメラを持ってブラブラ。春高バレーの行われる国立屋内総合競技場(代々木体育館)はスグそこなので、ちょうど良かった。
明治神宮へと続く表参道は、90年代以降、有名建築家の設計による建物がニョキニョキ建ち並び、今ではまさに建築博物館といった様相だ。嫁も、きょろきょろしながら「この通りはなかなか楽しい」と言っていた。しかし人が多い!今日は平日にも関わらず、おそらく休日の大阪心斎橋よりすごい人だ。
先月開業したばかりの安藤忠雄氏設計による”表参道ヒルズ”、内部は人の波。場所によっては”この場所で写真を取らないで下さい”という張り紙があったりするが、あまりの人の流れに撮影のために立ち止まることも難しい状態だった。
人ごみの苦手な私は、早々に表参道ヒルズから退散してしまった。

海外ブランド店の建物が多く、オシャレでカラフルで目立つ商業建築物が立ち並ぶ表参道。時代の流行や経済の流れにより、どんどん変わっていく街なんだろうな。

yoyogi01夕方になり代々木体育館へ。東京カテドラルと同じく丹下健三氏の設計。大きな柱と太いケーブルで、競技場という大空間を覆っている構造だ。
我が姪は岡崎学園。相手は市立船橋、強豪だ。1セット目は動きもyoyogi02 硬くやられっぱなしという感じだったが、2セット目は快勝!。3セット目もこの調子でと期待したが、やはり底力の差は大きく残念な結果となった。負けはしたが、高校2年生の彼女には人生の中で素晴らしい一瞬だったことだろう。

建築見学と春高バレー、ダブルで楽しめた東京旅行だった。

|

« 春高バレーで東京見物1 | トップページ | 説明会も入試も、今年度あと1回 »

コメント

erinさん、こんばんは。
東京カテドラルにしても代々木体育館にしても
全く古さを感じさせないデザインですね。
商業建築は別として、たいていの建築は数十年、
いや時には100年もの期間、存在します。
そんなモノづくりの奥の深さを感じます。
東京の友達から「表参道は人がすごいよ」と聞いてましたが、
平日にも関わらず本当にスゴイ人でした。

投稿: p-suke | 2006/03/28 23:03

有名建築家の建物があふれているので、よく表参道を散歩しています。。。
表参道ヒルズの中はまだ見てないので今度春休み中にでもいってきます。
代々木体育館も近くはよく通るけど、中は入ったことないんです。丹下ファンとして見にいきたいとおもいます!!

投稿: erin | 2006/03/28 00:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113505/9238141

この記事へのトラックバック一覧です: 春高バレーで東京見物2:

« 春高バレーで東京見物1 | トップページ | 説明会も入試も、今年度あと1回 »