« 日曜専科2006が始まった | トップページ | 間もなく専門学校開幕! »

2006/03/29

2級建築士、願書忘れずに!

毎年春が過ぎた頃、卒業生が、たまたま近くに来たからと学校に顔を出してくれることがあり、そんな時に「2級建築士の勉強の方はどぉや?」と聞くと
「いやぁ~、願書の提出をしそこねて、今年は受けられません。」
という返事を聞くことが少なからずある。

2級建築士試験の受験の申込み期間は、あっという間に過ぎてしまうのだ。

今年は、
願書配布期間は4/3(月)~4/14(金)(※4/8(土)、4/9(日)除く)で、
願書受付期間が4/10(月)~4/14(金)。
いつものことながら、1週間しか受付期間が無い。
建築専門学校を卒業して就職した卒業生たちの中には、仕事が忙しくて受付期間中の提出が出来ず、あるいは受付期間を知らず、願書の提出が出来なかったが学生が毎年いる。
受験手数料(\15,100)を、郵便局に払込んで納付したり、顔写真(縦5.5cm、横4.0cmが2枚)が必要であったりするので、早めに願書を手に入れて準備をしておこう。

2級建築士は卒業したその年が一番取得しやすい。
学生時代に勉強していなかったと自負する人でも、卒業した年には、まだうっすらとでも建築全般の知識が広く浅く頭に入っているはずだ。しかし、しばらく仕事をしていると、その知識は深くはなるが大きく偏ってしまうものだ。
さらに、2級建築士試験に限らず資格試験は、年々難易度が上がっていくのが普通。
建築専門学校を卒業したら、すぐその年に2級建築士を取得してしまうようにしよう!できるだけ早く取ってしまう、これが合格の秘訣とも言える。

尚、実技試験は「・・・建築物の構造については、木造以外の構造とし・・・」と告知された。つまり鉄筋コンクリート(RC)構造か、鉄骨(S)構造の建物という指定で出題されるということ。2級建築士の実技試験は木造建築物の場合が多いが、今回はそうではないようだ。可能性としてはRCかな?

とりあえず学科試験に合格しなければ話にならない。
その前に願書を提出しなければ、受験も出来ない。
だから忘れず確実に受験申込みを済ませてしまって下さい!

詳細については、(財)建築技術教育普及センタ-

|

« 日曜専科2006が始まった | トップページ | 間もなく専門学校開幕! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113505/9319298

この記事へのトラックバック一覧です: 2級建築士、願書忘れずに!:

« 日曜専科2006が始まった | トップページ | 間もなく専門学校開幕! »