« CADトレース技能審査 17年度後期試験終了 | トップページ | 「遊学探求」を見ながら »

2006/02/19

大阪・国立国際美術館

kokusaibijytukan招待券があったので、国立国際美術館の「プーシキン美術館展」に行ってきました。
この国立国際美術館は大阪市立科学館に隣接しており、大阪市営地下鉄四ツ橋線「肥後橋駅」から歩いて約10分ほど。私は京阪電車派ですから淀屋橋駅から歩いて20分弱で到着。
2004年11月に開館した美術館で、設計は「シーザー・ペリ&アソシエーツ・ジャパン」。その総括主任技術者だったのが私の先輩にあたる高原氏。住宅規模の設計、施工しか知らない私からすれば、スゴイ仕事だなぁと驚くばかりです。
この美術館はエントランスのみ地上にあり、美術館本体は全て地下にあるというユニークな設計。2004年度第5回都市環境デザインセミナー記録に、先輩がシーザーペリ&アソシエーツジャパンの設計思想を語っておられます。

中ノ島は中央公会堂や中ノ島図書館など、文化スポットとしても、建築的にも興味ある場所。またたっぷり時間をとって歩いてみたいエリアです。

|

« CADトレース技能審査 17年度後期試験終了 | トップページ | 「遊学探求」を見ながら »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113505/8743916

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪・国立国際美術館:

« CADトレース技能審査 17年度後期試験終了 | トップページ | 「遊学探求」を見ながら »