« 構造力学と法規、できた? | トップページ | 専門学校、春休み »

2006/02/09

興味や観察力、大切ですね

今日はまた私の担当科目、建築計画演習の試験。
3年制の学科である建築総合学科の3年次の科目。内容は建築士の試験対策のようなもの。
1年生で建築計画の講義は履修しているので、この3年次の講義では、建築計画の基本的なポイントを簡単に復習、解説し、過去の建築士で出題された問題を考察してみるという内容。卒業までに建築士の試験対策してしまおうってことです。

「建築計画」では、建物を設計・計画する際に必要な基礎知識を学ぶのだが、これがまたバラエティな内容で広範囲に広がっている。
温度、湿度、日照、色彩計画など環境工学的な内容もあれば、住宅はもちろん、事務所ビルや百貨店など商業建築物の設計、美術館や図書館などの公共施設、高齢者対応はどうするか、車椅子使用者に対する配慮はどんなふうにするか、などなど各種建物を設計する際に必要な基本的知識。
さらに、給水・排水設備や電気設備、空気調和設備に防災設備、照明に関する知識も必要になる。

まぁ、建築物の中では人間が生活するわけで、
そのために必要なモノ、コトは一通り知っておかねばいけないわけだ。どんな建築物にするか計画する、つまり設計することっていうのは、インテリアからエクステリアまでかなり広範囲の知識が要求されるということなんですね。

でも逆に言えば、普段から人間が接しているものが建築。
日頃から興味と観察力を持って、よーく周りを気をつけて見ていると、自然に建築計画の知識が身に付くことも多いものです。
なぜだろう?っていう思う気持ち、大切にして下さい。

|

« 構造力学と法規、できた? | トップページ | 専門学校、春休み »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113505/8584275

この記事へのトラックバック一覧です: 興味や観察力、大切ですね:

« 構造力学と法規、できた? | トップページ | 専門学校、春休み »