« CAD紹介「せっけい倶楽部」 | トップページ | 「αSweet DIGITAL」買いました »

2005/12/27

建築専門学校、本日仕事納め。

専門学校、今日で年内の業務終了。年明け5日まで一斉休暇となる。
この休みの間、暇な時にやっておこうと思う仕事の資料やデータを、カバンに入れて学校を出た。恥ずかしながら今まで、新年の出勤までに持ち帰った仕事をまともにやった事がない。たぶん今年も・・・

帰り道、本屋に立ち寄り月刊誌「CAD&CG」(エクスナレッジ刊、1470円)を購入。今号はオンラインソフトの特集が目に留まったので、つい買ってしまった。私がCAD系の講義を担当していることもあり、常にこういう本は気にするようにしている。

デザイン系で使われるソフトウェアとしては、Adobe IllustratorやPhotoshopは超有名。どちらも印刷会社が標準対応してくれるので、プロのデザイナーは間違いなく使っているソフトだ。パソコンに興味ある学生もその程度のことは知っているので、画像処理する時にはPhotoshopを使いたいとか、レイアウトするのにIllustratorを使いたいとか言ってくる。
しかしどちらも高価なソフトであり、学生が手に入れるにはちょっと無理がある。
(マニアックあるいはツワモノ学生は、大阪日本橋の電気屋街の路地を入った怪しい店で、格安で手に入れていたりしているようだが・・・)
さまざまな画像処理をするのに、プロが使っているPhotoshopでなければ良い作品ができないなんてことはない。オンラインソフト、フリーソフトにも優秀なものが存在する。
これまでの記事に何度も書いているJw_cadも無料でダウンロードできる素晴らしいCADソフトだし、画像処理ならGIMPは実力十分だ。フリーソフトではないが、ほとんどのパソコンに標準でインストールされているWORDだって、用紙サイズに制限はあるものの、レイアウトソフトとして使える。
出来上がったプレゼンを比較しても使ったソフトの差は全く感じられないハズだ。それよりも作品はその内容が大切なのだ。要は使い方次第であり、高価なソフトを使えば良いものが出来るとは限らない。もちろん良い道具に恵まれているにこしたことはないが、その使い手が未熟であれば出来上がった作品もたいしたモノにはならない。

是非とも学生たちには自分にお金をかけて、いろんなモノを見て感じてセンスを磨き、知識をしっかりインプットして欲しい。そう、自分のソフト面に投資して欲しいと思う。

作品をパソコンを使って作成したい時、オンラインソフトにも目を向けてみるといい。優秀なソフトがたくさんあります。実はプロも数種類のオンラインソフトを使って仕事をこなしています。そんなわけで今回の「月刊CAD&CGマガジン2月号」はJw_cadを含め多数のフリーソフト入りCD付きで、建築専門学生にお勧めの一冊ですヨ。

|

« CAD紹介「せっけい倶楽部」 | トップページ | 「αSweet DIGITAL」買いました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113505/7867921

この記事へのトラックバック一覧です: 建築専門学校、本日仕事納め。:

« CAD紹介「せっけい倶楽部」 | トップページ | 「αSweet DIGITAL」買いました »