« 「企業研修」終わりました | トップページ | 大学編入もあり »

2005/12/08

今年も2級建築士誕生!

我が専門学校の1年制の学科『実務専科』担当の教員が、今日は朝から”建築技術教育普及センター”のHPとにらめっこ。公開されている2級建築士合格者発表と、本校学生の受験番号とを照らして合否を調べていたのだ。

結果、実務専科の合格率は88%だった。
授業への出席率が極端に悪かったり、対策課題の提出状況がかなり悪かった者もいるから、まぁこんなものかなーと思う。”きちんと真面目に勉強した者が合格した”という、そのままの結果ということだ。しかし例年90~95%以上の合格率を誇っていたので、内心は少し残念ではあったのだけど・・・
そして、木曜夜と日曜に実施していた2級建築士対策講習会。名付けて『日曜専科』。こちらは仕事をしながら建築士を取ろうと頑張る人たち、講習への出席率80%以上の者という条件付きで合格率70%だった!仕事との時間的・肉体的な兼ね合い(あるいは家族サービスとの兼ね合いも)が難しかっただろうけど、こちらも結局は”講習に出て勉強時間がしっかり確保できた人が合格できた”という事か。
総じて『しっかり勉強すれば、合格できるわけだ』と思う。

建築技術教育普及センターの発表によると、今年度の2級建築士は実受験者数38,633人に対し、合格者数9,018人で全国の合格率は23.3%。
建築士は「建築教育を受けている、あるいは数年の実務経験がなければ受験すらできない」資格であり、その合格率が23%。「建築計画」「建築法規」「建築構造」「建築施工」という広範囲に及ぶ知識、さらに実技試験「設計・製図」をこなさなければならない。やはり難関資格の1つであることは間違いない。
みんな合格おめでとう!残念だった人は気持ちを切り換え、少し休憩してから次回に向けて対策しよう。

耐震偽装事件で建築士という資格は世間を賑わせ、その影響はあちこちに飛び火して長引く様相だ。建築士に合格した時は誰しも「世の中に貢献できる建築士になるぞ!」「素晴らしい建築を設計するぞ!」「みんなに喜ばれる建築を創るぞ!」などなど、思っていたはず。
今回合格を手にした人たち、いつまでもそんな気持ちを大切に維持して欲しいものだ。

今日は何はともあれ、おめでとうございました!祝杯あげて下さいませ!
そうそう、2級建築士の免許登録を忘れずに。

|

« 「企業研修」終わりました | トップページ | 大学編入もあり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113505/7524011

この記事へのトラックバック一覧です: 今年も2級建築士誕生!:

« 「企業研修」終わりました | トップページ | 大学編入もあり »