« サント・シャペル | トップページ | Amazon Searchを設置してみる »

2005/12/19

冬休みも忙しいね

今日で1部(昼間部)の年内授業は終了。明日から冬休みになる。
私は、担当する1年生のクラスに行き、今後の予定と冬休み課題についての注意事項、最後に事故など無いよう、元気に過ごせと伝えて終了。

冬休み課題は、設計製図の実習科目から製図と模型の提出が求められている。
木造2階建住宅の構造図をB3サイズの用紙3枚程度に作図することと、1/50サイズで軸組模型を製作することの2つだ。課題説明は1週間ほど前に済ませているので、既に課題に取り掛かっている学生もいる。今日、模型の製作状況を携帯の写真で見せてくれた学生もいた。
冬休み課題は真面目にしっかり、丁寧にやれば、冬休みの半分が無くなってしまう程度のボリュームがある。冬休みと言えばクリスマスもお正月もあり、さまざまな誘惑と戦いながら時間的にかなり厳しい課題なのだ。それ故、手際よく要領よく、既に課題に取り掛かっていればいいのだが、腰の重い学生は新年早々大変なことになる。

建築専門学校は2年間で効率よく知識と技術を習得してもらわなければならないから忙しい。その分大学と比べて、実践力はかなり高いと思う。理論がどうこうなんて、研究者に任せておけばよい。研究者たちの出した結果を上手く使って建築設計に役立てればいいじゃないか。手書きの製図力、CADの製図力、構造計算書の偽装くらいスグに見破れる知識と実力、大学生よりスゴイかも?

2部(夜間部)は22日(木)から冬休み。1部と比べて授業時間数が少ないため、冬休み開始まで数日の差があるのだ。2部は18時前から21時過ぎまでの授業なので、1部の半分程度かそれ以下の時間数しか確保できない。その分、学費も半分かそれ以下なのだが・・・。建築士の受験資格が認められている専門学校では、総授業時間数は決められているので、夏休みや冬休みなどの開始日が1部より少し遅くなるのだ。
2部の学生さんは仕事を持っている人が多いから、今は年末でかなり忙しいはずなのに、みんな良く頑張っているなぁと驚く。

年内の授業が終わった私はと言えば、27日までは2年生の卒業制作の相手をしなければならない。卒業制作提出まで20日を切っており、学生達はプレゼン作成に入っている。どの学生も最終的にはA2サイズの用紙11枚程度の作品となり、かなりの大作だ。卒業制作は夏休み前から動き出しているのだが、テーマは自由。公共建築の設計や住宅の設計など、学生によってその選択はさまざま。
毎年、1割程度の学生が卒業制作”不合格”になってしまっている。不合格=卒業できない。そのほとんどが未完成、あるいは途中であきらめてしまい未提出。全員が合格して欲しいと思うが、今年はどうなるかな?

こんな風に建築専門学校の冬休みは、文系の学生と比べるとかなり忙しい。
冬休みも課題で退屈しないと思うけど、遊ぶ時間は減るよなぁ。でもそれが将来につながると思って、頑張って下さい!

|

« サント・シャペル | トップページ | Amazon Searchを設置してみる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113505/7700954

この記事へのトラックバック一覧です: 冬休みも忙しいね:

« サント・シャペル | トップページ | Amazon Searchを設置してみる »