« ホントに温暖化してるの? | トップページ | CAD紹介「せっけい倶楽部」 »

2005/12/26

卒業制作、追い込みです!

午後、私が卒業設計を担当する学生のうち、2名の男子学生がやって来た。
我が建築専門学校の卒業制作提出は年明け7日なので、残すところ12日間。作品創りも仕上げの作業に入っている時期だ。ペン入れしたり、模型写真を貼りこむ位置を再検討したり、リアリティを出すために丁寧に着色したり、つまりは最後のプレゼンテーション作成作業である。A2サイズ11枚のボリュームなので、仕上げ作業にもかなりの時間がかかる。単純計算で今日から1日で1枚完成というペースになる。(関西の建築専門学校の中でも、このボリュームの多さは1番ではないだろうか。)
というわけで、今の時期にはもうほとんど何も指導することも無いし、学生たちには残り時間を無駄にすることなく上手く使って、作品の完成度を上げて欲しいと願うばかりだ。
しかし学生からすれば、これで大丈夫なのか、最後の詰めは万全か、合格できるのかと心配で仕方がない。だからこの年末にも学生は作業中の作品を持って、私に見せに来る。

「ここは、こんな表現でいいでしょうか?」
「着色の方法で質問に来たのですが?」
「このスペースに室内パースを描こうと思いますが・・・。」
「コンセプトをアピールするために、こんなイラストを入れてもいいでしょうか?」

など、実は自分自身で分かっているハズのことを私に確認しに来るようなもので、私としては『うん、それでいいね』『よし、それで行こう!』と同意の相槌を打つだけ。
しかしそれで学生は安心し、やる気を取り戻して、最後まで頑張ってくれる。
提出までの時間は残り少ないけど、各自の作品をキチンと完成させて下さい。

未完成の度合いによっては卒業制作”不合格”となる。我が校では、例年約1割程度の学生が卒業制作が不合格、つまり卒業できていない。
高校までは、どんなに出席が不足していようとも、成績が悪くても卒業はできる。しかし専門学校は、そうはいかない。やることをキチンとやった者のみが卒業できる。
卒業年次にある学生の多くが、正月も無く作品創りに追われるだろう。卒業制作はしんどいと思うかも知れない、でも社会に出ればもっとしんどいのです。
しんどいけど楽しいことをしている、今この時を楽しみ、記憶に残して下さい!

|

« ホントに温暖化してるの? | トップページ | CAD紹介「せっけい倶楽部」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113505/7853553

この記事へのトラックバック一覧です: 卒業制作、追い込みです!:

« ホントに温暖化してるの? | トップページ | CAD紹介「せっけい倶楽部」 »