« 建築構造を模型で理解してね | トップページ | 高校生から質問メール »

2005/11/24

骨組は理解できた?

jikugumi200 建築学科1年生、先週課題発表で1週間の宿題となっていた「1/100の軸組模型」、先日火曜日にその提出が済んだ。

在来軸組工法、2階建木造住宅の一般図(1/100の縮尺の平面・断面・立面図)及び床伏図や梁伏図を見て、主要構造部材のみの模型を造るというもの。1/100という小さな模型なので、材料は2×2mmの角材1種類でヨシ、根太や垂木、筋交も表現しなくてもヨシ、土台から上を造るという条件。
1年生にとって今の時期は、木造住宅のしくみを「一般構造」という講義で学んでいる最中のハズ。座学の講義で学んでいる『知識』、モノとしての『図面』、これらがきちんと一致しないと『模型』にすることは出来ない。また逆に、模型を造ってみて初めて図面の意味がより良く理解できるもの。

模型提出日、ほとんどの学生が図面通りに間違い無く出来ていたのは期待以上だった。こちらが用意した2階床伏図には1か所間違いのあったのだが、その間違いに気がついて、模型では修正していた学生も数名見かけられた。スバラシイ。
2×2mmの柱は1/100にしてはスケールアウト、太すぎる材料なので、全体のプロポーションはちょっと悪いのだが、課題としては図面と部材が一致している事が重要。あとは手先の器用さで、見事に精度良く出来てる模型もあれば、全体に傾いている模型、接着剤の使いすぎで糸を引きまくってクモの巣が張ったようになった模型、などなど。
 「手先がすごく器用やね、柱も垂直にカチッと出来てるなぁ」
 「新築なのに、エラい傾いてるなぁ。大地震に遭ったみたいやな」
 「うわぁークモの巣が張った幽霊屋敷みたいになってるぞぉ」
と感想も混ぜながら本人たちの目の前で評価をつけていった。

冬休みの宿題では1/50の模型や構造図面も描いてもらうことになるから、学生たちの冬休みはかなり忙しくなる。課題発表を早い目にする予定なので、提出ギリギリになってからバタバタせずに、早め早めに取り組もう。しかし実際にはそれが難しいことなのだが・・・
さて、次週の製図実習は木造の骨組と仕上げが理解できていないと描くことが難しい「矩形図(かなばかりず)」という図面を練習するぞ。

|

« 建築構造を模型で理解してね | トップページ | 高校生から質問メール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113505/7297064

この記事へのトラックバック一覧です: 骨組は理解できた?:

« 建築構造を模型で理解してね | トップページ | 高校生から質問メール »