« 資格取得は楽じゃないけど | トップページ | 構造設計と建築士 »

2005/11/19

偽造した構造計算書

巷では、「偽造した構造計算書」「建築確認審査に不備」「ニセ耐震:建築士の書類偽造」などなど騒がしいことになっている。ちょっと検索すればあちこちのブログでもこの話題に触れられている。
しかし、構造的に問題のある建物って世の中には既にたくさんあるのだ!今までのニュース報道や何度も特集番組を組まれてる「欠陥住宅」。柱が少ない、壁が少なく耐震的な構造でない、床束が足りず床がたわんでいる、基礎から土台がずれている、柱や壁内部が腐り半分以下の強度になっている、・・・例をあげればいくらでも。
建築士が携わっていながら、数々の欠陥住宅を生み出している。そういう行為に携わっているのは、あくまでごく一部の建築士なのだろうが、人命に関わることである。ただ、今回の場合は、大きな建築物で多勢の人が住む集合住宅数十棟に及ぶ。建築士個人の責任だけではなさそうで、建築確認をした検査機関のズサンさも大きい。
(建築確認とは、建物を建てる前に図面や構造計算書などを提出し、法規を遵守していることを地方公共団体や指定確認検査機関において確認してもらう行為で、確認が下りなければ建築できない。)

世の中の人は「建築士に任せておけば安心」と考えているハズ。その期待を裏切るような行為をしてはいけない。人の命を預かる仕事は、医師やパイロットだけではなく建築士もそうなのだ。今後の報道に興味がつきない。

|

« 資格取得は楽じゃないけど | トップページ | 構造設計と建築士 »

コメント

認定を受けた構造設計ソフトを使用し、コンピューターで構造計算を行うのは良いが、使い方を間違っている。荷重を半分にして入力し、計算書を偽造。非常に単純な手法です。
さらに確認検査機関が
「認定を受けたソフトを使ったようだから大丈夫だろう」と思い込み、
確認作業を安易に済ませてしまったのも原因のようですね
重い責任を感じてほしいものです。

投稿: p-suke | 2005/11/20 01:03

こんにちは。
この事件にはショックを受けました。この建築士のコメントや写真をWebで見ましたが、開き直っているかのような印象も受けました。また、建築確認をする機関があるというのこともこの事件で知りましたが、こちらは内部の監査で発覚したとのことで、組織としては正常に機能しているようですね。この会社のサイトも見ましたが、信頼できそうな印象を受けました。この事件の成り行きを見届けたいです。(支離滅裂なコメントで恐縮です。)

投稿: led00254 | 2005/11/19 08:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113505/7191783

この記事へのトラックバック一覧です: 偽造した構造計算書:

» 建築物の安全性も金次第 [兄やんの一言モノ申す]
千葉県の姉歯建築設計事務所によって作成された「構造計算書」に耐震強度の値に偽造があり、建設されたマンションなどは、震度5強で崩壊する恐れがあるとのこと。 兄やんとしては、他にも同じようなことが明るみになるだろうというだけでなく、これからこういった建築物が....... [続きを読む]

受信: 2005/11/20 19:16

» 構造計算書偽造問題、イーホームズの責任は? [資格ゲット大作戦!!]
千葉県市川市の姉歯(あねは)建築設計事務所による構造計算書偽造問題をはじめてみたとき え? 正直、そう思った。そして、次の瞬間、建築というものがいかに設計者の良心によって作られている物なのかを感じた。  実際のところ、役所や民間機関が構造計算書をち....... [続きを読む]

受信: 2005/11/20 22:50

» 耐震計算、偽造認める 建築士「仕事増やしたくて」 [九十九研究所@企業コレクション〜じゅげむ本店]
http://www.asahi.com/housing/news/TKY200511180220.html [続きを読む]

受信: 2005/11/20 23:01

« 資格取得は楽じゃないけど | トップページ | 構造設計と建築士 »