« あっと言う間の地方入試 | トップページ | 偽造した構造計算書 »

2005/11/16

資格取得は楽じゃないけど

専門学校に入学してから、さまざまな資格に挑戦する学生たち。
先週から、資格を取得した学生が掲示板にズラっと貼りだされている。

専門学校としては卒業生はもちろん、在校生の中に「資格取得者がどれほどいるか」「どんな資格を取得したか」などの情報は得ておきたいもの。しかし学校から団体申込で各種資格や検定を受検していれば合否結果などがわかるのだが、個人で受験を申込んだ学生については合否結果の確認が困難な場合がある。また、団体受験を行っていない試験もたくさんある。
そこで我校では、学生各自は資格を取得したら学校の事務室に申し出ることになっており、資格取得者の確認、また掲示等しても良いか承諾を得ることにしている。

掲示板には「福祉住環境コーディネーター」「色彩コーディネーター(色彩検定)」「カラーコディネーター」「CADトレース技能審査」「CAD利用技術者」「ビジネス能力検定」「建築施工技術者」「建設機械運転(各種)免許」etc・・・
1人で複数の資格試験や検定試験に合格している学生も多々いる。
日頃の授業や課題で結構忙しい学校のハズなのだが、上手く時間を見つけて受験勉強をしている学生がこんなにたくさんいるとは、なかなかやるじゃん!と感心してしまう。
「福祉住環境コーディネーター」などは建築学科の1年生や2年生が取得してるケースが多いのだが、試験が夏前に実施されるので、1年生は初めて勉強する内容ばかりでかなり苦労しただろうに。

私も時々その掲示を見ているのだが、すぐ横で「次は2級だ」とか「次は○○を受けてみよー」と上を目指す学生や、「今度こそ合格するぞ」と友達とリベンジに燃える学生が話をしたりしている。
そんなとき、スグに私は
「おめでとう!見事○○コーディネーターやな!」
「そや!どんどん自分を磨いていけよー!」
「しんどいけど力をつけていけよー!」と声をかけ、ケツをたたいてます。

学生にとって、資格試験や検定試験に合格すること自体も大事なことだけど、実は、
『ある目標を立て、それに向かってコツコツ努力して、達成する!』ってことを経験することが大切なのだと思う。

|

« あっと言う間の地方入試 | トップページ | 偽造した構造計算書 »

コメント

あら、学校に来られらんですね。私は今日はお休みでした。
一級建築士という資格は国家試験を合格して得られる免許。この重さと責任を感じながら仕事をしてもらいたいものですね。

投稿: p-suke | 2005/11/20 01:07

コメントありがとうございました!
今日そちらの学校に行かせて頂きました!
またブログで詳しく書きますんで
よろしかったらいらしてください!!

私も一種の資格取得マニアなところがあって
資格をとることで将来への不安を一つ一つ
消していっているということがあります。
友人からはまた資格?といわれながらも
将来のこと考えてるよなあといつもと違う
私に驚き関心されたりします。
目標をもって、日々過ごせることはいい
刺激にもなりますし私的には
充実した日々を送ってます。

話は変わりますが、違法建築のニュース
私も昨日見てとてもショックでした。
建築士という名前がこういう形で世間に
騒がれるのはとても嫌です。
こういう建築士がすくなからずいて、
人の命にかかわるプロの仕事ということを
完全に忘れてしまっているという現状が
残念で仕方ありませんでした。

投稿: ayumin | 2005/11/19 22:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113505/7149627

この記事へのトラックバック一覧です: 資格取得は楽じゃないけど:

« あっと言う間の地方入試 | トップページ | 偽造した構造計算書 »