« 偽造した構造計算書 | トップページ | 建築構造を模型で理解してね »

2005/11/19

構造設計と建築士

構造計算書偽造事件は、建築士の信頼を失墜させ、また人命にも関わるとんでもない事件だったが、建築設計には構造設計という分野があるということを世の中の人々に知ってもらえたのではないだろうか。
建築設計とか建築士という言葉を聞けば、普通は、間取りを考えたり外観のデザインやインテリアを考えて設計図を作成する作業を思い浮かべると思う。しかし、それを実現するための縁の下の力持ち的な仕事『構造設計』という仕事が存在する。

2階建程度の木造住宅であれば、伝統的工法で長い歴史もあるため、”こう建てれば安全だ”という決まりのようなモノがあり、それに沿って建築していればまず大丈夫なのだが、ある一定規模以上の建物を建てる場合は、構造計算によって安全性を検討・確認しなければいけない。
具体的には、設計した建物に規定の”地震力”や”風圧力”が加わったと想定し、柱や梁などの骨組が耐えられるか、大きな変形を生じないかを確認したり、あるいは、どれくらいの大きさの柱にすれば良いか、鉄筋コンクリート構造であれば柱の中に配置する鉄筋の本数を何本にする必要があるかなどを検討するのである。今回の事件では、”地震力”や”風圧力”が規定の半分程度で計算が行われていたため、少し大きな地震で崩壊してしまうかもしれないという建物になってしまっていた。

1つ前のblogで、世の中にはTVで何度も取り上げられているように欠陥住宅がたくさん存在していると書いた。カッコいい家に住みたい、デザインに凝った家に住みたい・・と考えている人たちに安全な建物の重要性にも気づいてもらえたのではないかと思う。安いわりに外観に凝った建売住宅、どこかで建築費が削られ、それが目に見えない骨組部分であったとしたら・・・こわいコワイ。

意匠設計を本業とする建築士でも、基本的な構造知識は持っているのが普通。「大改造!!劇的ビフォーアフター」に登場する匠が、こちらの壁を取り払って広い空間を生み出し、代わりにあちらに補強材を入れて・・・というシーンがあったりする。つまり構造計算書の提出が要らないような小規模な住宅の建築やリフォームの場合でも、建築士はきちんと家が弱くならないように配慮しているものなのだ。
建築設計というと華やかな部分がクローズアップされがちだが、実は『安全性』が確保された上での化粧だと理解しておくべきだと思う。

我が専門学校の建築を学ぶ学生たち、構造系の科目が苦手な者がたくさんいるのだけれど、卒業するまでに構造も含め一通りの建築の基礎知識レベルは頭に入れておいてね。1年生はもちろん、構造に縛られず豊かな発想で設計課題に取り組んでください。2年生は卒業制作、建物の骨組も意識の隅に置いてコンセプトを練り、エスキスを詰めて行きましょう。

|

« 偽造した構造計算書 | トップページ | 建築構造を模型で理解してね »

コメント

ここに、木構造においてとても理解しやすいHPがありましたよ。
http://www4.kcn.ne.jp/~taharakn

投稿: 参考に | 2005/11/22 13:10

構造力学という授業は、理数系の苦手な学生にとっては頭の痛い時間だと思います。正直言って、意匠設計を目指す場合、小難しい構造計算のことは建築士試験が解ける程度の知識で十分です。
それよりも「構造感覚」というか、「これは危ないんじゃない?」という直感というかセンス。こちらの方が大事だと思います。
構造計算の専門的な事は専門家に任せれば良い。しかぁし『常識的なことは知っておかねば!』という感じでしょうか。

投稿: p-suke | 2005/11/21 23:51

コメントありがとうございました☆ミ
建築に構造ってなくてはならないものですよね。
デザインや、機能性にどうしても目が先に
いってしまって見えないところを
おろそかにしてしまうというのが
現状としてあるんですね。本当に一部なんでしょうけど・・・。
私も授業をすることとなれば構造を苦手と
するのはなんとなくわかります(^▽^;)
本当に数字に弱いんで・・
でも乗り越えなくてはならない重要課題ですよね!

投稿: ayumin | 2005/11/21 23:29

人間はもともと、雨露をしのぎ、獣から身を守るために洞窟などに住み始めたのだと思います。身を守ってくれるハズの住処が危険なものであったとしたら、全く意味を成しません。
おっしゃるっ通り、構造は外から見てもわからない部分ですが、建築物の本質的な部分であると思います。

投稿: p-suke | 2005/11/21 18:18

こんにちは。
構造計算なんて分野があるのを知ったのは私もつい最近ですが、この事件を契機に、構造のような本質的な部分に注目されるようになるべきだと思います。

話は変わりますが、その建築士は年商2,000万円くらいと言っていました。仕事も多く忙しかったようですが、素人の僕にしてみると、それだけ働いて収入はこれだけ?という思いがあります。建築士業界というのは過当競争なんでしょうかねえ。

投稿: led00254 | 2005/11/20 02:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113505/7211058

この記事へのトラックバック一覧です: 構造設計と建築士:

» 構造計算書偽造問題における業界の歪に対する認識について [九十九研究所@企業コレクション〜じゅげむ本店]
※ 以下、コメント・TBを頂いた御歴々に感謝致します。 [続きを読む]

受信: 2005/11/27 00:29

« 偽造した構造計算書 | トップページ | 建築構造を模型で理解してね »