« 三条あかり景色 | トップページ | CGは楽しい? »

2005/10/10

退学とか休学とか

10月になりやっと涼しくなり始めた。
学校を半ばにして退学する学生が数名。残念なことだ。
休むはずの無い学生の欠席が続いたりして連絡を取ってみると、「実は学校辞めようと思っています」という返事。『え?何が問題だったの』と晴天の霹靂、予想だにしない返事。
彼ら、彼女らは何とか頑張ってみようと思ったのだが、夏休みがキッカケになったり試験結果がキッカケになったりして、「やっぱり辞めよう」となるのだ。

たいていは本人の甘さや辛抱の無さ、生活の乱れによる原因であり、説得や説教を試みるのだが、本人の気持ちが切れてしまっていては続くハズもなく、結局は退学していく。

とても無力感を感じる。結局どんな手立てを打っても、本人が辞めると心に決めてしまってからでは、遅いのだ。

自分の将来、目標がやっとわかった!自分のやりたい事はこれだ!と新たに目標があって辞めるのならまだいいのだが、何となく消えてしまう学生、「つまずいたから辞める」ということを繰り返さないようにして欲しい。
建築の分野は、一般教養や雑学を広く学ぶから、将来違う方面に進んでも決して無駄にはならないと思う。途中で辞めることになっても、時間を無駄にしたとは思わず先に進んでもらいたいと思う。

|

« 三条あかり景色 | トップページ | CGは楽しい? »

コメント

すいません、仕事をしながら夜間部に通う学生さんや、昼間は大学に通い、夜は専門学校で勉強されている学生さんがいること、お伝えし忘れてました。
夜間部でも昼間部と同様に建築士受験資格が得られる専門学校がたくさんあります。

投稿: p-suke | 2005/10/14 14:35

p-sukeさん

社会人経験者、ということは仕事を続けながら専門学校に通う社会人は居ないということですよね。やはり、仕事をしながら勉強するのは大変なんでしょうね。課題制作などもあるでしょうし。いずれ、どんなことを学ぶのか、についても教えていただければと思います。

投稿: led00254 | 2005/10/14 09:56

led00254さん、はじめまして。コメント有難うございました。
どんな方かな?と思いつつled00254さんのblog、拝見させていただきました。仕事に勉強に精力的に活動されてる様子がうかがわれ、また、ほぼ毎日のような更新の頻度に頭が下がる思いです。

高卒以上を入学資格としている専門学校には、社会人経験者の方や大卒の方も毎年入学して来られます。その理由はさまざまですが、多くの場合「昔から憧れの仕事であったため」ということのようです。
今後、そういう学生さんのことについても書いていきたいと思っています。

ご指摘の通り、blogの更新、これは何とか増やしていきたいものです。

投稿: p-suke | 2005/10/13 16:59

はじめまして。led00254と申します。
ずいぶん前からblogを拝見しています。現在アメリカに駐在している会社員です。職業は経理で全く建築とは関係ないのですが、建物を作る仕事に憧れており、いずれ帰国した暁には専門学校に通うなりして建築の勉強をし、ゆくゆくは建築士の資格を取りたいと思っています。しかし、文系卒の私には、建築士の試験を受験する要件を満たすだけでも一苦労しそうです。
ところで、もし建築専門学校に通うとなると、どのような知識が必要になるのでしょうか。専門知識として構造計算や建築法規などに精通しておかなければならないのでしょうね。
お忙しいとは思いますが、もうちょっと更新の頻度が増えるとうれしいな、と思います。(差し出がましいことを言ってすいません。)これからも楽しみにしています。

投稿: led00254 | 2005/10/13 01:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113505/6328787

この記事へのトラックバック一覧です: 退学とか休学とか:

« 三条あかり景色 | トップページ | CGは楽しい? »