トップページ | 2005年7月 »

2005/06/15

T君、頑張ってきてくれ!

最近の高校生は自分の進路がなかなか決められない。まぁそれは今に始まったことでもなく、自分の進む道を決めるのは難しいことなのだ。
今は昔と違って職種も増え、さらに大人たちは遠距離通勤、自営業は減り会社勤めが増えた。子供たちが、仕事をしている大人たちを目にする機会が減ったように思う。つまりどんな仕事があるのか知らないのだ。

そんなこともあってだろう、最近は授業の一環として「職業紹介」や「進路紹介」というガイダンス(説明会)を、年に数回行う高校が増えてきている。そのガイダンスでは、専門学校や大学、時には職業人が講師に呼ばれて、いろいろな仕事について講演するわけだ。

建築学科のT君に、卒業した高校から『現在の専門学校での生活、楽しいことや苦しいこと、高校のときにもっと頑張っておけば良かったことなどを後輩に話してやってほしい』と連絡があった。おそらくこれも、高校がホームルームなどの時間を使い、卒業生つまりは君たちの先輩の生の話だぞと生徒たちに進路紹介ガイダンスをするのであろう。そのような話を聞いて高校の生徒たちの何人が感銘を受けてくれるか、自分の将来について考えてくれるか、はなはだ疑わしいが、少しでも自分の未来や生き方、仕事ナドナドについて考えるキッカケになってくれればいいかと思う。

大学も専門学校も、目標意識無く、何も考えずに入学してくる学生が多々いる。大学ならまだ4年間あり、自分の将来を考える時間もあるのだが、専門学校はいきなり専門科目の勉強、たいてい2年間という短い期間で卒業。『こんなハズでは!』『こんな勉強だとは思わなかった』と後悔せぬよう、できれば本当にやりたいこと、学びたいことができる学校に進んでほしいものだ。

T君は、普段は元気良く、素直でやる気満々の学生なのだが、大勢の前でうまく喋れるだろうか。本人は「わかった!プレゼンしてきたらいいんやな!」と勇んで言ってたが、いつもタメグチの彼だけに心配もあり。君の話次第で、建築への志望者・・・いや、我が専門学校への入学者が増えるかもしれないのだ、頑張ってくれよ!

| | トラックバック (0)

2005/06/14

ぼちぼち卒業設計

例年通り、卒業設計が始まる時期だ。卒業設計は卒業するための必修課題である。専門学校生活での集大成とも言える作品を作ってもらいたいものだ。

学校には様々な教員がおり、学生はそれぞれの教員について卒業設計を進めていく。さて「どの先生に就いていくか?」。今、学生たちは教員室の先生や非常勤の先生たちを捕まえて、「先生のゼミはどんな感じですか?どんなテーマですか?」などなど、日々質問に周っている。この時期、教員室は学生たちで賑わっているのです。

これから約半年間付き合う先生選び。そのために様々なタイプの先生たちが存在する学校。必ず自分に合った先生がいるハズです。迷ってしまったら、最後はエイヤっと一か八かで決めてしまおう。それでもOKなのです。何故かって?

卒業設計はあくまで自分でやり遂げなければならないもの。先生はあくまでその手助けや助言、サポートをしてくれるに過ぎないのです。後はキチンと自己管理し、1歩1歩進んで行きましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/06

建築専門学生応援日記

はじめまして。巷ではブログというものが流行っているとのこと。

とりあえずどんなものなのか、興味もあってやってみることにした

関西限定、それは私が京都在住だから・・・

建築限定、それは私が建築の学校で講師をしてるから・・・

親が工務店を営んでいることもあり、二十歳前、建築の勉強を始めるやいなや、

仕事での図面を描いたり、

パース(完成予想図)を描いたり、炎天下のもと現場監督をしたり・・・、

建物が出来上がっていくのを実感できるし、出来上がった建物は何十年も残るし、

それ以上にお施主さんが喜んでくれる。なかなかやりがいのある仕事である。

そして今 、専門学校の学生たちとも楽しく過ごしている・・・。

もう15年くらい建築専門学校で教えているのだ。設計や製図、構造などなど。

こんな私が、ときどきこのページにいろんな話を書いてみたいと思う。

| | トラックバック (0)

トップページ | 2005年7月 »