2007/06/05

早くも卒業製作が・・・

毎年のことだが、今年も卒業製作のゼミ登録の時期になった。

卒業製作は、学生個々が希望する指導教員のゼミに配属される、ということからスタートする。
今はちょうどその登録期間で、今日も数名の学生が私の席にやってきた。
どんな内容で、あるいはどんなやり方で卒業製作を進めていくのか?
これまでにどんなテーマの作品があったか?等を質問に来た。
ここ数日、ほぼ毎日数名の学生がやってくる。
それは、学生達にとって自分がどの教員の指導を受けるのが良いかを判断する情報収集でもあるが、第1希望であるゼミの定員から外れないための営業活動でもあるのだ。
各ゼミは10数名の定員があるから、場合によっては第2希望になってしまうこともある。
そのため、学生達は今のうちに希望の教員に"顔を売っておこう"という狙いもある。

登録締切まであと1週間ほど。みんな希望通りのゼミに決まればいいねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/04

blog紹介

書かねばっ!と思いつつも、勤務校関連のblog開設や記事掲載にドタバタしてしまい、最近このblogをサボってしまってます。

とりあえず、関連blogの紹介です。
● OCTブログ
● N氏の山荘建設
● うらら亭プロジェクト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/02

保護者対象「進路説明会」

14時から2部制で実施され、今回80名ほどの参加があった。
まず1部は、就職することの意味や家庭においての就職指導、我が校におけるこれまでの就職状況や今年度の求人状況等など、"就職"についての全体説明が行われた。
次いで建築士専科への進学や大学編入など"進学"についての話。
大学編入した後の苦労と利点は、こちらの先生が書かれている。
例年編入希望者は数名、建築士専科への進学は50名以上。つまりほとんどの学生は就職する。専門学校は大学よりも短い修業期間で技術を身につけ、確実に就職するというのが1つのメリットだから当然のことだが。

1時間強の全体説明が終わり、2部は各クラスごとに教室に入っていただき、担任との顔合わせとなった。
私のクラスは本日10名、7組の参加だった。
クラスでの就職活動状況や就職指導の方法、これから卒業までの流れと卒業製作について等、全般的な説明だけで終わる予定だったが、参加が7組だし遠方から来られた方もおられるので、個別面談をすることにした。
成績について、出席状況について、卒業後の進路について等等・・・
今日は予定より少し時間オーバーしてしまいましたが、納得して帰っていただけたでしょうか。

いくら学校で就職指導をしても、各家庭で「おまえの好きなようにしたらええ」と中途半端な指導をされては学生も意欲をなくし、フリーターにもなりかねない。家庭でのサポートも重要なのですよ、という内容の進路説明会だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/10

高槻の高校へ進路相談会に行ってきた

高槻市の普通高校で行われた、3年生対象の進路相談会に行ってきた。
1つの教室には5、6校程度の専門学校の席が設けられ、複数の教室が使われていたから、おそらく20校以上の専門学校が来ていただろうか。

建築やインテリアへの進路を考えている生徒3名が、私のいる席に座ってくれた。
普通、職業ガイダンス等では、開始前の説明会で”自校の宣伝はしないように”と注意されるのだが、今日の相談会では自校の宣伝もOKだったので、持参の入学案内パンフを使って話をすることができた。
建築やインテリアではどんな仕事があるか、そのためにどんな勉強をするか、資格はどう役に立つか、高校生の間にどんなことに気をつけておけば良いか等を説明し、最後に学校の場所や雰囲気、どんな教職員がいるかの確認のためにも体験入学や学校説明会には必ず来て欲しいと付け加えた。
3人とも大学ではなく、専門学校の建築分野への進学を考えているようで、かなり真剣に話を聞いてくれたし、最後は「入学試験についてくわしく教えて下さい」という質問もでた。
あっと言う間に時間が過ぎ、終了のチャイム・・・。

この相談会はホームルームの時間を使った授業の一環であるため、話を聞いてのレポートを書かねばならなかったようだ。彼らは終了後、すぐその場で鉛筆を走らせ始めていた。
いろんな内容を早口で話してしまったので少し心配になり、
「レポートがあったのか!もうちょっとレポートが書き易いように話をすれば良かったねぇ、大丈夫?」と彼らに話すと
「いえ、ずいぶん良く分かりましたし、楽しい話でした」と言ってくれた。

高校によっては荒れた雰囲気の学校もあるが、この学校は廊下ですれ違う生徒は皆挨拶してくれるし、落ち着いた真面目な雰囲気が感じられた。

年に数回、校務に差支えの無い範囲で高校の職業ガイダンスや進路相談会に出かけている。このように高校生と直接話をする機会は、今の生徒の気質にも触れられるし、彼らの進路の一助にでもなれればと思うと、結構楽しいものだ。
しかし、遠方であったりすると半日から1日を費やすこともあり、後々自分の校務が溜まってしまうのが痛い・・・
けどまた来週、滋賀県の高校に行くよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/07

ゴールデンウィーク明けです

ゴールデンウィーク終了。
1年生は、入学して約1ヶ月が経ち専門学校生活にも慣れてきたところだろう。
例えば製図実習は「線や文字の練習」を終えて次の段階、建築物という3次元の物体を図面という2次元に表現することを体感してもらう内容に入っている。私の担当科目である構造力学は、力のモーメントや力の合成・分解。いずれの科目も、まだ建築の基礎固めの内容だ。
2年生は今、就職活動に動きまくっている。昼休みや講義が終わる時間になると、進路指導室は求人票をめくる学生で賑やかになる。今年は春休み中から多くの求人があり、求人ファイルは日々どんどん厚くなり、冊数が増えていく状態。学生たちも自分にマッチした企業捜しに忙しくなっている。
私自身、企業訪問や入社試験の理由による公欠届に印を押す機会も、この時期にしては数が多いような気がする。
また、卒業生は仕事のペースにも慣れて来た頃だろうか。建築士試験についての質問のため、仕事帰りに学校に立ち寄ってくれる学生もチラホラ。

学校はと言えば、GW中に「私のしごと館」でのロボットイベントに参加したり、「西武庫団地改修プロジェクト」や「うらら亭プロジェクト」の始動、学内コンペ企画など賑やかになってきた。学生たちには、さまざまなモノづくり実習プログラムに積極的に参加してもらいたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/04/20

モノづくりわくわく隊、大阪市立大へ!

Wakuwaku1 我が校には「モノづくりわくわく隊」というチームがある。
それは、依頼のあった場所に出向き、モノづくりの面白さ、楽しさを体験してもらおうという出張体験隊だ。
これまで小学生から高校生まで、学校の授業に呼ばれたり、地域のイベントに参加したりしてモノづくりの啓蒙活動を実施している。
今回は大阪市立大学で行われる春の大学祭「ふたば祭」に参加。大学祭の実行委員会から依頼があり、行ってきました。
1枚のベニヤ板に作図し、ボール盤や糸のこ盤を使って穴を開けたり切断したり紙やすりで磨いたり・・・
スタッフの指導を受けながら、約30分程度かけてミニチュアチェアースタイルの携帯ステーションが完成する。メニューにはイーゼルのスタイルをしたピンナップボードもある。 Wakuwaku2

普段はモノづくりなど無縁であろう経済学部や理学部を学ぶ学生さん、その他初めて板を切っての工作をした人もいたようで、来てくれた皆さん楽しんでくれたようです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/04/12

本日より授業開始!

今日から2007年度の授業スタート!
プライバシーマークを取得した我が校では、今年度からネームプレートを着用することが義務付けられる。
それは学校関係者がどうかを判別するIDの役割となる。
しかし実はもう一つ、学生個々が自分の所属を意識し自分自身の行動に責任を持ってもらうという教育効果を期待するという狙いもある。
名札をぶら下げている=看板背負って歩いている、ということだ。
これは社会に出れば名刺を渡すし、作業服には社名や個人名が入っているのと同じ。

今日は初日ということで数名が家に忘れて来たようだが、事務所で仮ネームプレートを発行し無事に全員が着用して講義に望んだようだ。

非常勤講師室でコーヒーを飲んでいると、M本先生が
「ホームページ、見させていただいてます!あれ先生ですよね1年ほど前になりますが、検索中に偶然発見しました!」
M本先生にもこのblogが見つかってしまっていたようです。徐々に発見者が増えているようです。
M本先生は図学や材料学、卒業制作などを担当して下さっている先生。
今日は時間割に変更があり、M本先生にはご迷惑をおかけしたようで申し訳ありませんでした。懲りずに今年もよろしくお願いします。

明日、2年生は進路セミナー。就職について、大学編入について、専科進学について等の説明がされる。2年制の専門学校は入学後1年で就職活動となるのだ。
1年生はインテックス大阪で開催される「バリアフリー2007 第13回 高齢者・障害者の快適な生活を提案する総合福祉展」にバスで見学に出かける。福祉住環境コーディネーターとの関連もある展示会なのでしっかりと見てきてほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/10

新入生オリエンテーション

2泊3日の新入生オリエンテーションが昨日で終了した。
入学直後、初めて顔を見た学生たちが寝食を共にするオリエンテーション。
社会に送り出す1つ手前の学校として、これまでの小中高という学校生活とは違うということを認識してもらい"リセット"してもらうこと、仲間作りを通してチーム力やコミュニケーション能力を見る意味もある。
屋内研修として、学校の教育システムの案内や学力テスト、一般常識テストの実施、屋外研修では丸太を使ってモノづくり研修、スポーツ大会などで3日間が過ぎた。
最初は初対面の者同士での合宿ということで不安一杯だっただろうが、いろんな作業を共にすることによって、どんどん学生たちはいい表情に変わってゆく。
近頃は新人研修会と称して合宿を行っている企業も多い。企業内容を知ることはもちろんだが、多くは学生気分をリセットしてもらうためだ。入学した学生たち、もしかするとまた入社後に同じような研修を経験する者もいるかも知れないな。

明日は健康診断と新入生ガイダンス。そして明後日からは講義がスタートする。

今日の私は休暇を取り、大腸検査のため病院に行ってきた。朝から絶食し、もらっていた下剤を2l飲み、午後から病院へ行き内視鏡検査。病院ではしばらく順番を待ち、ドキドキ緊張しながら検査を受けた。モニターに映し出される自分の大腸内、なかなかキレイに見えたが、結局何事も無く済みそうだ。
T_pict0371 検査が終わってもしばらくお腹が張り、何となく気色悪かったのだが、まだ明るいし、せっかくの休みなのでカメラをぶら下げ自転車に乗り、ブラブラ散歩に出かけた。
賀茂川の桜は少し散り始めたようだが、植物園横の半木の道の紅枝垂れ桜は蕾みも多く、まだまだこれから咲きそうだ。
賀茂川に沿って出町柳までを往復、社家の町や上賀茂神社を巡T_pict0381り、朝か ら 何も食べていなかったので、上賀茂神社前にある葵屋の「やきもち」をかじりながら帰宅。「やきもち」はもう1軒、同じく神社前に神馬堂という店もあるが、こちらはいつも昼を過T_pict0383ぎると売り切れる事が多い。この日も既に店は閉まっていた。

今の季節、自転車で散歩が気持ちいいと感じた優雅な時間だった。
さて、また明日から頑張っていこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«建築専門学校、2007入学式!